PR

産経WEST 産経WEST

【動画】弥生時代最大の水田跡、奈良で出土 「10万平方メートル以上にも」 

弥生時代前期の水田跡。黒く見える穴は人の足跡=20日午前、奈良県御所市
弥生時代前期の水田跡。黒く見える穴は人の足跡=20日午前、奈良県御所市
その他の写真を見る(1/2枚)

 奈良県御所(ごせ)市の中西・秋津遺跡で弥生時代前期(約2400年前)の水田跡約3500平方メートルが見つかり、橿原考古学研究所が20日発表した。これまでの調査と合わせ、確認された水田跡の面積は約4万3000平方メートルに達し、弥生前期としては国内最大。橿考研の担当者は「地形を考えると、総面積は10万平方メートル以上になる可能性がある」としている。

 京奈和(けいなわ)自動車道の関連施設建設に伴い約6000平方メートルを対象に調査。畦(あぜ=幅約30センチ、高さ約2~3センチ)によって計410枚の小区画(最大縦5・6メートル、横3・3メートル)に分けられた水田が見つかった。緩やかな傾斜のある地形を生かし、傾斜上部から水を流せば、水田の隅々まで水が行き渡るような構造だった。

 子供から大人までの無数の足跡も出土しており、作付け前の春か収穫前後の秋に大量の土砂が押し寄せ、埋まったとみられる。

 橿考研の岡田憲一・指導研究員は「稲作が伝来して間もない頃に灌漑(かんがい)施設を備えた広大な水田がつくられていたことが分かった」としている。

 現地説明会は23日午前10時~午後3時。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ