PR

産経WEST 産経WEST

レシピは機密情報「呉海自カレー」の隠し味

特製のタレで辛さが調節できる「潜水艦せきりゅうカレー」(提供写真)
特製のタレで辛さが調節できる「潜水艦せきりゅうカレー」(提供写真)
その他の写真を見る(1/5枚)

 海上自衛隊呉基地(広島県呉市)に所属する艦船などで実際に食べられているカレーライスが「呉海自カレー」となり、ご当地グルメとして話題を集めている。隊員たちの健康を守るレシピは「機密情報」ともいわれるが、海自と呉市の関係が門外不出の壁を乗り越えて商品化が実現したもので、現在では30種類にまで拡大している。

部隊ごとに独自メニュー

 「レシピは隊員たちの健康を守る機密情報なんです」。こう話すのは、呉海自カレー事業者部会の若狭倫一(ともかず)さん(36)。海上自衛隊では、曜日感覚を忘れないために毎週金曜日にカレーを食べるといわれている。それぞれの部隊に限られた予算があるなかで、調理員らが腕を競い合ってきた。「隊員たちは負けず嫌いなので、具材も香辛料も部隊によって異なります」(若狭さん)といい、それぞれ秘伝のメニューが生まれた。

 このカレーをもとにしたのが呉海自カレー。「認定制」となっている。

 もともと護衛艦「かが」「とね」や潜水艦「くろしお」「けんりゅう」、呉基地業務隊、呉教育隊などが内部で使っているカレーのレシピを、民間のレストランなどに提供。各店舗が何度も試行錯誤を重ねた末に、各艦の艦艇長や司令、調理員らが「ウチの部隊のカレーに間違いない」と太鼓判をもらうことで認定される。

 平成28年、呉市内の22店舗が認定され、現在は飲食店だけでなくシティーホテルやゴルフ場、市役所なども含む計30店舗で提供されている。

 呉海自カレーの公式ホームページでは、各店舗のメニューと、どの艦船(部隊)のカレーがもとになっているかを紹介。例えば、護衛艦「いなづま」のレシピをベースにした「seaside cafeALPHA」の「いなづまカレー」は、チキンカレーに素揚げのジャガイモとニンジンが入り、隠し味にコーヒーを加えたコクと香ばしさを出したという。また居酒屋「利根」本店は、3種類の牛肉を長い時間煮込んでうまみを引き出したという「護衛艦『とね』特製ビーフカレー」を提供している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ