PR

産経WEST 産経WEST

パナソニック、水素製造装置を発売へ 草津市に水素ステーション

パナソニックの草津工場構内に開設された水素ステーション=滋賀県草津市
パナソニックの草津工場構内に開設された水素ステーション=滋賀県草津市
その他の写真を見る(1/2枚)

 パナソニックは18日、家電を製造する草津工場(滋賀県草津市)の構内に開設した水素ステーションを報道陣に公開した。令和7年までの発売を目指して開発を進めている水素製造装置の実証機を用い、燃料電池で動くフォークリフト向けに燃料となる水素を供給する。水素の製造から利用までの経済性を検証し、製品開発に役立てる。

 パナソニックが開発中の水素製造装置は、家庭用燃料電池「エネファーム」のガス改質技術を応用し、天然ガスや都市ガスを原料に水素をつくる。改質の際には微量の二酸化炭素(CO2)が発生するが、大気に放出させないような仕組みを検討している。

 水素ステーションには太陽光パネルの発電で水を電気分解する方式の水素製造装置も設置。1日に燃料電池フォークリフト2台分に相当する水素をつくり、フォークリフトは工場で製造したエネファームの完成品の運搬を担う。

 パナソニックは今年9月時点でエネファームを累計17万台生産し、国内シェアの5割以上を占めている。

 3年にはエネファームの技術を生かした純水素燃料電池も発売する予定にしており、水素エネルギーの活用に向けた技術開発を加速している。

 草津工場での式典に参加したパナソニックの家電部門の社内カンパニー「アプライアンス社」の品田正弘社長は「エネファームの開発で培った技術と知見を生かし、水素を使う、つくるの両輪で水素社会の実現に向けた取り組みを推進していきたい」とあいさつした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ