PR

産経WEST 産経WEST

男子は鳥取育英3連覇、女子は米子西が4年ぶりV 春高バレー

 【女子】

 米子西が米子北斗との接戦を制して4年ぶりの優勝を手中に収めた。

 第1セット、序盤からサービスエースなどでリードを奪った米子西は、山本や矢田貝が鋭いスパイクを決めて先取。続く第2セットも序盤から終始リードを保ち、危なげない試合展開で制した。第3、4セットは一転して米子北斗のペースに。渡辺の強打などで粘り強く攻撃を重ねて米子北斗が2セットを奪い返した。第5セットはシーソーゲームとなったが、「最後は気合いだった」(徳永仁監督)という米子西が、岡崎のスパイクで勝利をもぎ取った。

 米子西・矢田貝紫織主将の話 「3年生のために全国大会に行きたいという気持ちが強かった。全国大会では1つでも多く試合に勝てるように頑張りたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ