PR

産経WEST 産経WEST

男子は鳥取育英3連覇、女子は米子西が4年ぶりV 春高バレー

【男子決勝・鳥取育英-鳥取工】鳥取育英・田中が高さのあるスパイクを打ち込む=鳥取産業体育館
【男子決勝・鳥取育英-鳥取工】鳥取育英・田中が高さのあるスパイクを打ち込む=鳥取産業体育館
その他の写真を見る(1/2枚)

 「春高バレー」の愛称で知られる「第72回全日本バレーボール高校選手権大会鳥取県大会」(県高体連、産経新聞社、山陰中央テレビなど主催)は17日、鳥取市の鳥取産業体育館で男女の準決勝、決勝が行われた。男子の決勝は鳥取育英が鳥取工業を破り、3年連続3回目の優勝。女子は米子西が米子北斗を下して4年ぶり17回目の栄冠を手にした。両校は来年1月5日から武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開かれる全国大会に県代表として出場する。

 ▽男子決勝

鳥取育英 325-151 鳥取工 

      25-13      

      23-25      

      25-19      

▽女子決勝          

米子西  325-162 米子北斗

      25-14      

      19-25      

      18-25      

      15-13      

 【男子】

 昨年と同じ顔ぶれとなった決勝は、鳥取育英が3-1で鳥取工を破り、3連覇を果たした。

 第1セット、鳥取育英はブロックから流れをつかみ、田中らが高い打点からのスパイクを次々と決めて先取した。第2セットは、鳥取育英がすきを見せず、最後までリードを保った。鳥取工が意地を見せた第3セット。沢の強打が次々に決まり、鳥取育英に競り勝った。第4セットは序盤から鳥取育英が荒木のサービスエースなどで8点を連取して勢いに乗ると、最後は相手のミスを誘って鳥取工を振り切った。

 鳥取育英・岡本直也主将の話 「インターハイ県予選で負けて悔しい思いをしたので、優勝できてうれしい。全国大会ではまずは一勝し、日本一を目指したい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ