PR

産経WEST 産経WEST

【春高バレー】岡山県・男子は岡山東商、女子は就実が優勝

スパイクを決める就実のセンター大山遼(右)=16日、岡山県笠岡市の笠岡総合体育館
スパイクを決める就実のセンター大山遼(右)=16日、岡山県笠岡市の笠岡総合体育館
その他の写真を見る(2/2枚)

 第1セットは序盤でリードを許す場面があったものの、得点源の大山が伸びやかにスパイクを次々と決めて先制。第2セット以降も深澤、平田と左右から高さを生かした攻撃をみせ、最後は大山が決めた。一方で、イージーボールの処理など守備面では課題を残した。

 岡山理大付は竹下が随所でスパイクを決めるなど果敢な攻めを見せたが、サーブやクリアのミスも響き、追撃できなかった。

 就実・岡崎凜華主将の話「プレッシャーがあるなかで勝ち切れたことは大きい。もう一度日本一になるために、エース以外にも1点を取りきる選手を増やすことが課題」

 ▽女子決勝         

就  実 325-170 岡山理大付

      25-10      

      25-19      

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ