PR

産経WEST 産経WEST

【春高バレー】岡山県・男子は岡山東商、女子は就実が優勝

スパイクを放つ岡山東商の若林俊希(右)=16日、岡山県笠岡市の笠岡総合体育館
スパイクを放つ岡山東商の若林俊希(右)=16日、岡山県笠岡市の笠岡総合体育館
その他の写真を見る(1/2枚)

 「春の高校バレー」として行われる「第72回全日本バレーボール高校選手権大会岡山県予選会」(産経新聞社、岡山放送、県バレーボール協会など主催)は16日、同県笠岡市の笠岡総合体育館で男女の準決勝と決勝が行われた。男子は岡山東商が玉野光南を3-0で破り、5年連続33回目の優勝。女子は就実が岡山理大付を3-0で破り、6年連続43回目の優勝を決めた。両チームは県代表として、来年1月に東京都で開催される全国大会に出場する。

【男子】

 高さでわずかに上回る岡山東商が、ストレートで玉野光南を下した。

 岡山東商は1セット目、主砲の若林がスパイクや、打点の高いサービスエースを決めるなど快調な滑り出し。2セット目からは、若林が両足ともつり気味になるトラブルがあり決定力を欠いたが、その分を中盤がカバー。着実にトスを上げ、得点につなげるコンビネーションが機能した。

 玉野光南は両サイドの春名、松本を軸に果敢に攻め、終盤には追い上げを見せたが、ブロックしたスパイクを拾いきれない場面もあり、力負けした。

 岡山東商・若林俊希主将の話「自分が得点を決められなくなったとき、仲間が決めてくれた。このチームで全国に行けるのが嬉しい。一戦必勝で頑張りたい」

 ▽男子決勝

岡山東商 325-190 玉野光南

      25-16      

      25-20      

【女子】

 3年連続の組み合わせ。インターハイで優勝を飾った本命・就実が高さと層の厚さで岡山理大付を突き放し、ストレート勝ちした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ