PR

産経WEST 産経WEST

【動画あり】住吉大社で蹴鞠奉納 セレッソ・森島社長も

 天皇陛下のご即位を祝い、大阪市住吉区の住吉大社で蹴鞠(けまり)奉納が行われた。サッカー・Jリーグの元選手でセレッソ大阪の森島寛晃社長(47)も加わり、軽やかな足さばきで参拝者らをわかせた。

 住吉大社での蹴鞠奉納は、約80年ぶり。この日は蹴鞠の継承を行う蹴鞠(しゅうきく)保存会のメンバーのほか、森島氏やセレッソのマスコット「ロビー」と「マダム・ロビーナ」が輪になり、「アリ」「ヤア」「オウ」と声を掛けながら地面に落ちないよう鞠を蹴り合った。

 森島氏は「鞠は柔らかく、ルールもサッカーと違い、難しかった。歴史の奥深さを感じる貴重な経験をさせていただいた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ