PR

産経WEST 産経WEST

【春高バレー】三重県大会・男子は松阪工、女子は三重が優勝

津工(左)をストレートで下した松阪工のアタック陣(右)=津市
津工(左)をストレートで下した松阪工のアタック陣(右)=津市
その他の写真を見る(1/2枚)

 「春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高校選手権大会の県代表決定戦(産経新聞社など主催)が16日、津市の市安濃中央総合公園内体育館で行われた。男子はコンビバレーの精度を上げてきた松阪工が津工をストレートで下し、5年連続37度目、女子は4セットまでもつれこんだが、地力に勝る三重が粘る津商を引き離し3年連続4度目の優勝を飾り全国大会への切符を手中にした。大会は来年1月5日から、東京の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で行われる。

 決勝戦は5セット制で、午後0時から女子、続いて男子の順番で行われた。詰めかけた両校応援団の声援と太鼓の音が響く中、決勝まで勝ち上がってきた4チームが県代表を決めるにふさわしい熱戦を繰り広げた。

 試合後の表彰式では、優勝校の松阪工と三重に優勝メダルとトロフィーが贈られ、準優勝の津工と津商の健闘もたたえられた。

【男子】

 松阪工は、クイックやフェイントなどで1セット目の序盤を連続得点し、津工の出鼻をくじくと、中盤でもブロックなどで引き離し、相手チームに7点しか与えず、リズムをつくった。

 2セット目以降も、1セット目の勢いを生かし相手のアタックを拾い続けたほか、クイックやコンビバレーで3セットまで連続で勝利し、津工を退けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ