PR

産経WEST 産経WEST

【ビブリオエッセー】怒りと言い分…我慢の履歴 「犬も食わない-上沼さんちの夫婦げんか事件簿」上沼恵美子 上沼真平

 昔から“夫婦げんかは犬も食わない”と言うけれど、本当にその通りだと思う。しかし、売れっ子タレント、あの上沼恵美子さんとテレビマンだった真平さんの夫婦げんか話となればのぞきたくなる。そんな二人の夫婦げんかのすべて(?)、を収録した本が『犬も食わない』である。

 単行本で読んだときの表紙は、剣を抜いた貴婦人とピストルを構えるガンマンが向き合っているデザインだった。これも凄いが、けんかの内容もまた凄い。各章は「妻の怒り」に「夫の言い分」、「夫の怒り」に「妻の言い分」と攻撃、防戦の応酬だ。

 大抵が真平さんの独りよがりな行動に恵美子さんが腹を立て夫婦げんかが始まるのだけれど、時には真平さんの方から怒る。海外旅行で選びに選んだエルメスのサスペンダー。それをさっそく「人にあげるとはどういうつもりだ」と怒る夫。対して妻は「私はサスペンダーはしません…あなたのプレゼントは的はずれがおおいのです」。

 一番心に残ったエピソードは、真平さんの浮気を疑った恵美子さんが、真平さん愛用のグッチのアタッシェケースを、料理番組で共演していた土井勝先生から頂いたという出刃包丁で切り裂いたお話。動かぬ証拠を探してやろうという暴挙だったがこれがぬれぎぬ。ケースの中にあったのは胃腸薬の袋だけだった。本当に二人とも長年、よく我慢したなと思う。

 後ろ表紙を見ると貴婦人とガンマンが仲良く焚き火で暖まっている。まあ夫婦とはそんなものかもしれないが…。この二人、いまは大丈夫なのか、ちょっと気になる。

 大阪市東淀川区 はるみ40

      ◇

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ