PR

産経WEST 産経WEST

捜査のポイントは「動機」 逮捕に向け転院の京アニ・青葉容疑者

京アニ放火殺人事件・青葉真司容疑者が転院 転院先の京都市内の病院に到着した青葉真司容疑者。青いタオルケットに包まれ、姿は見えなかった=14日午前、京都市内の病院(永田直也撮影)※一部画像処理しています※
京アニ放火殺人事件・青葉真司容疑者が転院 転院先の京都市内の病院に到着した青葉真司容疑者。青いタオルケットに包まれ、姿は見えなかった=14日午前、京都市内の病院(永田直也撮影)※一部画像処理しています※

 京都アニメーション(京アニ、本社・京都府宇治市)の放火殺人事件で、14日午前に京都市内の病院に転院した青葉真司容疑者について、京都府警は勾留に耐えられるまで回復した段階で逮捕し、本格的な取り調べに入る方針だ。任意の事情聴取で容疑をおおむね認めたとされる青葉容疑者。だが、動機などいまだ不可解な点も多い。捜査関係者は「未解明のまま終わらせるつもりはない」としている。

 14日午前9時ごろ、青葉容疑者は4カ月近く入院した大阪府内の病院を出発。ドクターカーに乗り、約1時間20分かけて転院先の京都市内の病院に到着した。約40人の報道陣が見守る中、病院関係者がストレッチャーに乗った青葉容疑者を病棟内に搬送。全身に青い毛布が掛けられるなどした青葉容疑者の表情を確認することはできなかった。

 関係者によると、青葉容疑者は大阪の病院で複数回の皮膚移植手術を重ね、8月上旬にはほぼ命に別条がない状態になった。10月上旬までには座った状態でのリハビリを開始。会話も可能で、現在は車いすに座れる程度まで回復している。転院した京都市内の病院でもリハビリが予定されているが、青葉容疑者自身はリハビリに後ろ向きな面もみせているという。

 今後の捜査で府警が最大のポイントとしているのが、凄惨(せいさん)な犯行に至った青葉容疑者の動機の解明だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ