PR

産経WEST 産経WEST

奈良・東大寺学園、修学旅行で教諭が体罰

 奈良市の東大寺学園中学・高校に勤務する40代前半の男性教諭が7月、北海道への修学旅行中に高校2年の生徒19人に体罰を加えていたことが13日、分かった。学校側は保護者会で謝罪し、この教諭を処分するとしている。生徒らにけがはなかった。

 森宏志校長によると、2年生約220人が富良野市内のホテルに泊まった際、この教諭は就寝時間を守らなかった生徒22人を呼び出し、問題があったとみた19人の頬を平手でたたいたり、すねを蹴ったりしたという。

 森校長は「教諭と生徒との距離が近く、認識の甘さがあった。暴言を含めて体罰は看過できるものではなく、厳しく対処する。今後、生徒が安心して通学できるよう体制を整えたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ