PR

産経WEST 産経WEST

創業218年の味をタピオカラテに 老舗茶店の挑戦

長田茶店本店の一角に整備された「和カフェ」と、長田碧さん=11月、鳥取県米子市
長田茶店本店の一角に整備された「和カフェ」と、長田碧さん=11月、鳥取県米子市
その他の写真を見る(1/3枚)

 江戸時代後期の享和元(1801)年創業の老舗日本茶専門店「長田茶店」(鳥取県米子市)が、商店街のにぎわいを取り戻そうと新たな挑戦をしている。11月、本店を一部改築してテークアウト専門の和カフェをオープン。環境に配慮した有機栽培や減農薬の日本茶に加え、若者を中心に人気のタピオカ入りの抹茶・ほうじ茶ラテ、抹茶のジェラートなどを販売する。同店は「商品を手に持って歩いてもらうことで、商店街のにぎわいや日本茶のアピールにつなげたい」と意気込む。

商店会が解散、人通り少なく

 商人の街として栄えた米子市の中心市街地でも昔ながらの町並みが残る岩倉町。なかでも老舗の風格が漂うのが長田茶店の本店だ。今年で創業218年。茶葉から茶道具までそろえる茶の専門店で、近年は抹茶やほうじ茶を使ったロールケーキなどのスイーツも人気を集める。

 本店がある「岩倉町商店街」はかつては40軒以上の店が軒を連ねていたが、現在は6軒のみとなり、人通りは少ない。約10年前に商店会も解散したという。

 商店街がにぎわっていた頃、一帯は「しょうじき村」の愛称で親しまれていた。毎年11月3日には「しょうじき村まつり」が開かれ、多いときで約3万5千人が訪れたが、平成22年を最後に開催されていない。長田茶店7代目社長の長田吉太郎さん(40)は「商店街にはパン屋や豆腐屋もあり、日の出前から音や香りがしていた」と懐かしむ。

紙ストローにバイオカップ

 こんな中で同店が本店一角の約8平方メートルに開店したのが、テークアウト専門の和カフェ「NAGACHA Cafe 1801」。日本茶の魅力を知ってもらい、商店街の振興に寄与したいという思いが込められており、創業年にちなんで「1801」と店名に織り込んだのは「1からスタートする」という気持ちが込められている。開店資金の一部をクラウドファンディングで募ったところ、和カフェ運営の趣旨に賛同した人から目標を上回る約150万円が集まったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ