PR

産経WEST 産経WEST

「独身の日」セール開始 中国、値引きで消費喚起

「独身の日」を控え、国際小包を分類する従業員ら=2日、中国安徽省(ロイター=共同)
「独身の日」を控え、国際小包を分類する従業員ら=2日、中国安徽省(ロイター=共同)

 中国で「独身の日」と呼ばれる11日、インターネット通販各社による毎年恒例の値引きセールが始まる。米中貿易摩擦で中国経済の先行きに不透明感が漂う中、最大手のアリババグループは巨額値引きで消費者の購買意欲を呼び起こす考えだ。

 アリババは通販サイトに出店する企業やブランドとともに過去最高の500億元(約7800億円)分を値引きし、出店各社も限定品や新商品100万個以上を投入。取引額が昨年の2135億元を上回り、記録を更新するかが注目される。

 独身を意味する1が4つ並ぶ11月11日を中国では「独身の日」とし、アリババが2009年から特売を始めた。通販大手の京東集団など競合他社も追随して国民的イベントに成長。アリババのセールには資生堂やユニクロも参加するなど、日本企業にとっても大きな商機になっている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ