PR

産経WEST 産経WEST

賃上げ重要性で認識一致 西村経済再生担当相と関経連

関西経済連合会などとの会合であいさつする西村康稔経済再生相=10日、大阪市
関西経済連合会などとの会合であいさつする西村康稔経済再生相=10日、大阪市

 西村康稔経済再生担当相と関西経済連合会の幹部が10日、大阪市内で会合を開き、消費税増税による景気の冷え込みを回避するには賃上げが重要だとの認識で一致した。就職氷河期世代の雇用問題についても官民が協力して解決していくことを確認した。

 西村氏は冒頭あいさつで「(消費税増税の)負担感が大きい中間層の方々にとって一番効果があるのは賃上げだ」と強調。就職氷河期世代の採用強化や企業の内部留保を活用したベンチャー企業などへの積極的な投資も呼び掛けた。関経連からは3カ月ごとの四半期決算の開示義務について「経営者や投資家の短期的利益志向を助長しかねない」として廃止を求める意見が出た。

 関経連の松本正義会長(住友電気工業会長)は会合終了後、記者団に「経済界は基本的に賃上げオーケーだ。中間層をいかにサポートしていくかを考えている。氷河期世代の採用もポジティブだ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ