PR

産経WEST 産経WEST

「美しすぎる女子野球選手」ら半数が退団 大量リストラの女子プロ野球、存続の行方は

退団試合が終了した後、声援に応える加藤優=11月8日、わかさスタジアム京都(岡田茂撮影
退団試合が終了した後、声援に応える加藤優=11月8日、わかさスタジアム京都(岡田茂撮影
その他の写真を見る(1/3枚)

 発足10年目の節目のシーズンに、日本の女子プロ野球が大きな岐路に立たされている。運営法人が11月1日、所属する選手71人のうち36人の退団を発表。なかには「美しすぎる女子野球選手」として話題になった加藤優(24)や、女子野球ワールドカップ(W杯)で3大会連続最優秀選手(MVP)に輝いた里綾実(29)らも含まれていた。経営難が続く中で大幅なリストラを図った形だが、来季以降のリーグの体制は退団発表から1週間が過ぎても明らかにされておらず、先行きは不透明だ。

「選手は社員」の契約見直し

 11月8日、京都市のわかさスタジアム京都。女子プロ野球のホームグラウンドともいえる球場で、加藤や里、創設当初からリーグを支えてきた小西美加(36)らが参加して退団試合が行われた。31人の選手は2チームに分かれて対戦。試合が終わると全員がマウンドに駆け寄り、グラウンドに別れを告げた。

 育成球団も含め4球団からなる日本女子プロ野球リーグ(JWBL)は、全ての球団を健康食品会社「わかさ生活」(京都市)が運営。選手は同社と社員契約を結んでプレーしてきた。

 だが関係者によると、来季に向けた交渉の過程で契約の見直しが提示されたという。新たな契約内容は、シーズン中は野球に専念するため固定給プラス出来高払いとする一方、オフ期間は選手としての給与はなく、社員として働くか別の働き先を見つける-というもの。条件面で折り合わなかった選手のほかベテランには戦力外通告を受けた選手も多く、これが大量退団の要因となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ