PR

産経WEST 産経WEST

東京五輪の合宿地視察 クロアチアの金メダリスト

浜田恵造知事(右)にユニホームを贈るサンドラ・ペルコビッチ選手=香川県庁
浜田恵造知事(右)にユニホームを贈るサンドラ・ペルコビッチ選手=香川県庁

 クロアチアを代表して2020年東京五輪の事前合宿地の視察のため来日した陸上女子円盤投げ五輪金メダリストのサンドラ・ペルコビッチ選手が、香川県庁に浜田恵造知事を訪問した。

 県と丸亀市は東京五輪に向けて事前合宿の誘致活動を展開。今年7月、クロアチア陸上競技連盟と県立丸亀競技場での事前合宿に関する覚書を締結した。

 ペルコビッチ選手はロンドン五輪、リオデジャネイロ五輪を2連覇。9~10月にドーハで行われた世界選手権は3位で、クロアチアの国会議員も務める。

 浜田知事は、同協競技場の練習環境は各国から高い評価を得ていると説明し、「万全のコンディションで大会に臨めるよう、丸亀市と連携して選手を迎えたい」とあいさつ。

 3個目の金メダル獲得を目指すペルコビッチ選手は「力を貸してもらい、東京から喜びのニュースを届けたい」と応じた。持参した2個の金メダルを披露し、浜田知事の首にかけた。

 ペルコビッチ選手は丸亀市役所も訪問。6日には同競技場を視察し、地元の小学校で児童と交流した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ