PR

産経WEST 産経WEST

【動画】ワライカワセミ大脱走 保護の決め手は笑い声

アキーゴの保護直前の様子=大阪市鶴見区(天王寺動物園提供)
アキーゴの保護直前の様子=大阪市鶴見区(天王寺動物園提供)
その他の写真を見る(2/3枚)

 マンションの住民の協力を得て捕らえようと試みたがうまくいかず、アキーゴは向かいの林へ再び脱走。茂みに逃げ込んだところを、飼育員がエサの冷凍マウスでおびき寄せると、手の届くところまで下りてきたため、ゆっくりと近づき抱き上げ確保した。午前9時14分、脱走からほぼ1日がたっていた。

アキーゴは休む

 牧(まき)慎一郎園長は「アキーゴは人工哺育の子なので人慣れしていて、かなり接近できたことが無事に保護できた理由」と振り返る。一方で、野生で生きた経験がなく、園外に出ても狩りができないといい「保護まで時間がかかれば、命の危険もあった」と早期発見に胸をなで下ろした。また、同園では動物の脱走が続いたため「再発防止を早急に進めていく」とも話した。

 アキーゴに外傷はなかったが、園内の動物病院で健康状態を確認している状態。念のために病院で一時休養した。しばらくはイベントへの参加を控えるが、笑えない事態はなんとか免れたようだ。

保護された直後のアキーゴ(天王寺動物園提供)
保護された直後のアキーゴ(天王寺動物園提供)
その他の写真を見る(3/3枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ