PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】鉄道マン…滋賀県知事、三日月大造さん「使命は続くよ、いつまでも」

運転士時代の敬礼のポーズをとる三日月大造さん =滋賀県大津市の滋賀県公館(永田直也撮影)
運転士時代の敬礼のポーズをとる三日月大造さん =滋賀県大津市の滋賀県公館(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 滋賀県知事の三日月大造さん(48)は異色の経歴を持つ。大学を卒業後、JR西日本で駅員、運転士を務め、組合活動を経て政治家に転身した。阪神大震災が起きた新人駅員時代には、被災地への応援勤務という貴重な体験も。何人もの乗客の命や生活に関わる仕事は緊張感の連続で、思い返すたびに身が引き締まる思いという。そして、その経験は、知事の仕事に確実に役立っていると語る。(聞き手 大津支局長・鮫島敬三)

■異色の転身

 平成8(1996)年8月。広島駅を出発した電車は、台風の影響で降りしきる雨の中を進んでいた。運転するのは運転士免許を受けたばかりの三日月さん。研修や見習いで運転はしていたものの、独り立ちして初めての乗務だった。雨はさらに強くなり、五日市駅(広島市)の手前で信号が見えなくなるほどに。運転指令と連絡をとり、電車を止めた。ただ、安全のための行為が理解されないこともある。「運転席のすぐ後ろでお客さんが『駅はすぐそこ。行けよ』と言う。結局、30分ストップ。本当に汗びっしょりになりました。これが、運転士のプレッシャーだと体感しました」

 JR西日本広島運転所に所属し、山陽線や呉線などの電車を運転した。その仕事から離れて20年以上たつが、たたき込まれた安全確認の動作は体に染みついている。「車を運転するとき、道を渡るとき、選挙カーから降りたとき、いろいろな場面で指さし確認をしてしまうことがあります」。電車が走り出せば、運転士の代わりはいない。トイレに行かないように前の日からの水分管理、そして時間管理も徹底した。「遅刻する夢、ブレーキがかからずに駅に止まれない夢はいまでも見ますね」。

 運転席からは、昼夜を問わずに働く鉄道マンたちの姿を見ていた。駅員、車掌、保線の人たち。たくさんの人のために、たくさんの人と仕事をすることの大切さを学んだ。そして、滋賀県のかじ取りを担っている知事の仕事を列車に例えると、鉄道マンたちの役割をすべてまとめたものと力説する。

 「まず運転しなくちゃいけないし、ここ止まれ、進めとの判断も必要。この列車に乗ってくださいと、案内もしないといけない。ひと駅進んだり、行こうと思ったところに行けたりしたとき『三日月さんの運転している列車に乗るわ』と言ってもらえると、やりがいを感じます」

運転士時代の三日月さん。前方の安全確認をしっかりと行う(三日月大造公式サイト」から)http://www.genki1.com
運転士時代の三日月さん。前方の安全確認をしっかりと行う(三日月大造公式サイト」から)http://www.genki1.com
その他の写真を見る(2/6枚)

 いまでも電車に乗ると、運転席の後ろにかぶりつくという知事。その前の国会議員時代、国土交通省副大臣を務めたとき、国交相は前原誠司さんだった。「『電車を運転できます』というと、うらやましがられました。前原さんは大の鉄道ファンですから。でも、あの方はSL(蒸気機関車)好きで電車には興味がない。話がSLばかりになると、私が知らない」

(次ページ)筋金入り鉄道マン…でもJR入り、きっかけは

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ