PR

産経WEST 産経WEST

東大寺・東塔の東門、鎌倉時代の再建時に縮小

 世界遺産・東大寺(奈良市)の東塔院跡で奈良時代の創建時に設けられた東門の遺構などが出土し、同寺と奈良文化財研究所、橿原考古学研究所でつくる調査団が7日、発表した。同じ場所の上層からは鎌倉時代に東門が再建された際の遺構も出土し、規模が縮小されていたことも分かった。東塔院の全貌を知る上で貴重な発見という。

 東塔は四方に門が付いた回廊で囲まれていたとされる。今回は東門があったと想定される東塔本体の基壇の東側で、礎石があったとみられる抜き取り穴が出土した。一緒に出土した瓦などから奈良時代の東門の遺構とみられ、抜き取り穴などから規模は幅12・7メートル、奥行き7・1メートルと推定された。

 一方、この上層からも礎石や、通路の敷石とみられる切石が出土し、鎌倉時代に再建された東門のものと推定された。礎石は奈良時代に使われたものを再利用した可能性が高いという。礎石の位置などから規模は幅11・7メートル、奥行き5・4メートルとみられ、東門は奈良時代から縮小されて再建されたことが分かった。

 東大寺ではかつて大仏殿の東南、西南に東西両塔があり、東塔の高さは70~100メートルと推定。平氏の焼き打ちで焼失後、鎌倉時代に再建されたが、雷火で再び焼けたとされる。

 現地説明会は10日午前10時~午後3時に行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ