PR

産経WEST 産経WEST

クボタ新社長に北尾裕一氏 「ワンクボタの精神で」

クボタの社長に就任する北尾裕一副社長(右)と会長に就く木股昌俊社長=7日、大阪市北区
クボタの社長に就任する北尾裕一副社長(右)と会長に就く木股昌俊社長=7日、大阪市北区
その他の写真を見る(1/2枚)

 クボタは7日、来年1月1日付で北尾裕一副社長(63)を社長に昇格させる人事を発表した。木股昌俊社長(68)は代表権のある会長に就く。来年の創業130年を節目に若返りを図り、農業機械や建設機械の世界トップブランドを目指した事業変革を加速させる。

 北尾氏は大阪市内で開いた記者会見で、海外の生産拠点の増強や、国内の農業人口減少を踏まえたスマート農業への対応を進める方針を説明。「社員が一丸となったワンクボタの精神で、新たなイノベーションを生み出せる体制を構築していきたい」と抱負を述べた。

 一方、木股氏は社長交代の理由について「海外での事業拡大に向けた基盤がある程度確立できたため」と述べ、フランスで農機工場を稼働させるなどした成果を強調した。

 北尾氏は東大工学部卒、昭和54年に久保田鉄工(現・クボタ)入社。トラクタ技術部長、常務執行役員などを経て、今年1月から現職。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ