PR

産経WEST 産経WEST

岸和田逃走事件、女を公務執行妨害容疑などで逮捕

近隣住民の防犯カメラには、収監のため大阪地検岸和田支部を訪れた女が、男が運転する車に乗り込み逃走するようすが映っていた =30日、大阪府岸和田市(近隣住民提供)
近隣住民の防犯カメラには、収監のため大阪地検岸和田支部を訪れた女が、男が運転する車に乗り込み逃走するようすが映っていた =30日、大阪府岸和田市(近隣住民提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪地検岸和田支部(大阪府岸和田市)で収容予定だった同府泉佐野市の無職、野口公栄(きみえ)被告(49)が逃走した事件で、大阪地検は7日、公務執行妨害と傷害容疑で公栄被告を逮捕した。

 逮捕容疑は、息子の仁(じん)容疑者(30)=両容疑で逮捕=と共謀し、10月30日午前10時50分ごろ、地検岸和田支部前の路上で車を急発進させ、男性検察事務官をはねて負傷させたとしている。

 地検によると、公栄容疑者は自動車運転処罰法違反(無免許過失致傷)罪などで公判中だったが、初公判以降出廷しなかったことなどから保釈が取り消され、10月30日に収容される予定だった。しかし、同日午前、地検岸和田支部に出頭した際、収容手続きの説明中に「車に荷物を取りに行きたい」と申告。4人の検察事務官らと敷地外へ出た後、仁容疑者が運転する車に乗り込み逃走した。

 地検などは今月1日、同府和泉市内で2人の身柄を確保。地検は当初、公栄容疑者の住所や職業を不詳としていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ