PR

産経WEST 産経WEST

山陽電鉄、パンタグラフ2基折れる ダイヤに乱れ

 7日午前7時40分ごろ、兵庫県明石市の山陽電鉄山陽明石駅近くで、同駅に停車しようとした大阪梅田発山陽姫路行き直通特急(6両編成)の5両目に設置されたパンタグラフ2基が折れ、うち1基が車両わきに落下した。付近では架線も2カ所で切れており、特急は現場で動けなくなった。同電鉄はJRなどで振り替え輸送を実施するとともに、トラブルの原因を調べている。

 このトラブルで、同電鉄は霞ケ丘-東二見駅間の上下線で運転を見合わせ。午前10時現在で上下計49本が運転を取りやめ、約1万8千人に影響が出ている。午後1時ごろに復旧する見通しという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ