PR

産経WEST 産経WEST

1歳児にエアガン数十発、傷害疑い両親逮捕 事件後死亡、関連を捜査

逮捕された常慶雅則、藍両容疑者の自宅=6日午後8時22分、福岡県田川市
逮捕された常慶雅則、藍両容疑者の自宅=6日午後8時22分、福岡県田川市
その他の写真を見る(1/2枚)

 福岡県警は6日、昨年11月に当時1歳の三男に向けてエアガンを数十発発射しけがを負わせたとして、傷害の疑いで同県田川市伊加利の自営業、常慶雅則容疑者(24)と妻の無職、藍容疑者(24)を逮捕した。県警によると、三男は同12月1日朝、肺炎で死亡。児童相談所は、未就学の長男への虐待通告を受けたことがあり、県警は日常的な虐待の有無や死亡の経緯を慎重に捜査する。

 県警によると、2人は「撃ったことはない」と否認している。三男唯雅ちゃんの頭部や体には、撃たれてできたとみられる傷が数十カ所あった。当初、雅則容疑者は「長男がやった」などと説明していたが、使われたのはライフル型の大型のエアガンで、県警は子どもが扱うのは困難とみている。一家は両容疑者と長男、三男、長女の5人暮らしで、次男は平成28(2016)年に病死している。

 逮捕容疑は昨年11月下旬、自宅でエアガンを発射してBB弾を唯雅ちゃんの体に命中させ、約3週間のけがを負わせたとしている。藍容疑者が同12月1日午前4時15分ごろ、「息子が息をしていない」と119番し、発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ