PR

産経WEST 産経WEST

大入り願い「まねき書き」 京都・南座の顔見世興行

南座の「吉例顔見世興行」を前に公開された「まねき書き」=6日午前、京都市左京区の妙傳寺(永田直也撮影)
南座の「吉例顔見世興行」を前に公開された「まねき書き」=6日午前、京都市左京区の妙傳寺(永田直也撮影)

 京都・南座(京都市東山区)で行われる歌舞伎公演「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」を前に、大入りへの願いを込めて歌舞伎役者名を看板に記す「まねき書き」が6日、妙傳(みょうでん)寺(同市左京区)で公開された。

 令和初となる顔見世には「祇園祭礼信仰記 金閣寺」や「仮名手本(かなでほん)忠臣蔵 祇園一力茶屋の場」など京都を舞台にした演目が多く取り上げられる。

 この日は書家の井上玉清(ぎょくせい)さん(74)が丸みを帯びた独特の書体の「勘亭流(かんていりゅう)」で長さ約1・8メートル、幅約30センチのヒノキ板いっぱいに書き入れ、東西人気役者名のまねき約50枚を完成させた。井上さんは「縁起をかつぐ文字なので、興行の成功を祈って書いた」と話した。

 看板は、25日の「まねき上げ」で会場の南座(同市東山区)に飾られる。公演は30日から12月26日まで。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ