PR

産経WEST 産経WEST

若冲の最初期の彩色画を新発見 京都・福田美術館

画家伊藤若冲の最初期の作品「蕪に双鶏図」=5日、京都市
画家伊藤若冲の最初期の作品「蕪に双鶏図」=5日、京都市

 京都ゆかりの江戸時代中期の絵師、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716-1800)が30代の初めに描いた作品「蕪(かぶ)に双鶏図(そうけいず)」が発見されたと福田美術館(京都市右京区)が5日、発表した。鶏の羽の細かい表現や印章などから若冲の最初期の彩色画という。来年3月20日からの同美術館の特別展で初公開される。

 同館によると、絵は縦111センチ、横約69センチ。今年4月、同美術館が関西地方の旧家に残された同作品の鑑定を依頼され、5月初旬に購入した。雄鶏の羽の白と黒の模様が顔から胴体に向かってだんだん大きくなるなど、若冲特有の細密な表現が見られることなどから真筆と判断された。

 これまで、「景和(けいわ)」を名乗っていた30代初めに描いた「雪中雄鶏(せっちゅうゆうけい)図」(京都市の細見美術館所蔵)が若冲の最初期の作品とされてきたが、今回発見された「蕪に双鶏図」は土や下草の表現に慣れていない筆致があり、構図も整理されておらず、「雪中雄鶏図」よりも早い時期に描かれた可能性が高いという。

 「蕪に双鶏図」の署名は「景和」でなく「若冲」となっているが、若冲研究の第一人者で東京大文学部の佐藤康宏教授は「その絵を描いたころの字(あざな)は若冲ではない。後から別の人によって書かれた可能性があるが、若冲の初期作品に間違いない」とコメント。同美術館の岡田秀之学芸課長(44)は「若冲も未熟な時期があり、必死に勉強して代表作に向かっていったことを見てほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ