PR

産経WEST 産経WEST

「美しく欺く」科学 着やせ、デカ目 錯視効果を数値化

服の色と着こなしによる着やせ効果を調べた画像(作製協力・デジタルファッション社、森川和則教授提供)
服の色と着こなしによる着やせ効果を調べた画像(作製協力・デジタルファッション社、森川和則教授提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 黒い服には着やせ効果、アイメークを施した方が「デカ目」に見える-。こうしたファッションや美容の定説、耳にしたことがあるだろう。実は、見え方によって人間の脳がだまされる「錯視」の作用を応用したもの。印象論や主観で語られることが多かった“美しく欺く”効果を、科学的に証明する研究を大阪大の教授が進めている。(有年由貴子)

 白と黒のシャツとスカートを、さまざまに着こなした同一の女性の3D画像。同じ体形のはずなのに、白より黒い服を着た方が、シャツの裾をスカートの中に入れる「タックイン」の着こなしの方がよりスタイルアップしてみえる。

 「白に比べ、黒ではバスト・ウエスト・ヒップは1・8センチずつ細く、タックインでさらに1・3センチずつ痩せてみえる。また、タックインは7センチも脚が長く見える効果もある。全て『錯視』によるものです」。大阪大大学院の森川和則教授(61)=視覚心理学=が説明する。

 錯視とは、目の前にある事象と脳が認識するものとのずれが生じる現象だ。人間は、目に映ったものをそのまま認識するのではなく、脳内で分析し、さまざまな解釈を加えて組み立て直している。この過程で情報不足などが生じると、錯視が起こる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ