PR

産経WEST 産経WEST

不明のワライカワセミを保護 天王寺動物園「無事見つかりほっとした」

捕獲前のアキーゴ=4日午前、大阪市鶴見区(天王寺動物園提供)
捕獲前のアキーゴ=4日午前、大阪市鶴見区(天王寺動物園提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 大阪市天王寺区の天王寺動物園は4日、同市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地のイベント会場で3日に行方が分からなくなっていたワライカワセミ「アキーゴ」(2歳、性別不明)が見つかり、無事に捕獲したと発表した。

 天王寺動物園によると、4日午前7時45分ごろ、鶴見緑地公園付近のマンションのベランダにいるアキーゴを職員が発見。エサで呼び寄せるなどして、約1時半後、公園内に飛んできたところを捕獲した。アキーゴに外傷はなく、同園の動物病院で健康状態を確認する。

 イベント展示のため鶴見緑地に運ばれた後、3日午前10時過ぎ、職員がアキーゴがいなくなっているのに気付いたという。現場には脚に取り付けた係留用のロープが落ちており、金属の劣化が原因で逃げたとみられる。

 ワライカワセミはオーストラリアに生息。人間の笑い声のような鳴き声が特徴で、この名前がついている。

 同園では、今年9月にもカリフォルニアアシカの赤ちゃん「キュッキュ」が一時行方不明になる騒ぎがあった。

 同園は、「無事に見つかり、ほっとしている。動物の管理態勢について再発防止策を講じるなかでこうした事態が起き、申し訳ない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ