PR

産経WEST 産経WEST

【春高バレー】男子・天理など8強進出 奈良大会

スパイクを打つ王寺工の藤川優(2)=大和郡山市
スパイクを打つ王寺工の藤川優(2)=大和郡山市

 「春高バレー」の愛称で親しまれる「第72回全日本バレーボール高校選手権」奈良県大会(県バレーボール協会、産経新聞社など主催)が3日、開幕した。この日は大和郡山市の奈良学園高校と葛城市民体育館で男子1、2回戦が行われ、天理、王寺工、法隆寺国際、添上などが準々決勝に進んだ。4日は橿原市のジェイテクトアリーナ奈良と宇陀市総合体育館で、女子1~3回戦が行われる。

 1回戦で西和清陵・奈良情報商の合同チームに快勝した王寺工。2回戦でも藤川優のスパイクや時間差攻撃が随所に決まり、奈良学園にストレート勝ちした。奈良学園は粘り強いレシーブで対抗したが、サーブなどのミスが響き、及ばなかった。

 王寺工の小林平治は「積極的にスパイクを打ち、攻める姿勢を持ち続けたことが勝利につながった」と満足そうだった。

 2回戦から登場したシード校の郡山は、初戦で畝傍と対戦。山浦晋や浅越柊哉(とうや)の力強いスパイクが冴えたほか、速攻を織り交ぜた多彩な攻撃で相手を翻弄した。畝傍も懸命に追いすがったが、最後まで流れをつかめなかった。

 郡山の西山智貴主将は「速攻や時間差攻撃をうまく決められた。サーブレシーブがうまくいかなかったので、次戦では修正したい」と先を見据えた。

 【男子】        

 ▽1回戦          

奈良大付  2-0 東大寺学園

一   条 2-0 桜井・山辺

王 寺 工 2-0 西和清陵・

          奈良情報商

畝   傍 2-0 奈良育英 

法隆寺国際 2-0 登美ケ丘 

生   駒 2-0 橿   原

奈良朱雀  2-0 高   田

奈 良 北 2-0 西大和学園

 ▽2回戦

天   理 2-0 奈良大付 

一   条 2-1 奈   良

王 寺 工 2-0 奈良学園 

郡   山 2-0 畝   傍

法隆寺国際 2-1 大和広陵 

西 の 京 2-0 生   駒

平   城 2-0 奈良朱雀 

添   上 2-0 奈 良 北

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ