PR

産経WEST 産経WEST

大阪・岸和田の逃走被告の弁護人「とにかく出てきて真実を話して」

 大阪府岸和田市の大阪地検岸和田支部で、収容予定の岡崎公栄(きみえ)被告(49)が軽乗用車で逃走し、検察事務官がはねられ負傷した事件で、車を運転していた男が同支部周辺で逃走まで待機していたとみられることが31日、分かった。事前に岡崎被告と電話でやり取りし、逃走の機会をうかがっていた可能性がある。

 事件は10月30日午前10時50分ごろ発生。岸和田支部付近の防犯カメラ映像によると、午前10時40分ごろ、岡崎被告とみられる女が支部の門付近で電話する様子が写り、直後に1台の軽乗用車が接近。女は運転席から差し出された資料のようなものを受け取ると、支部の敷地へ戻った。約6分後には、同じ車が支部の前を低速で走行する様子が写っていた。

 この車は午前10時48分ごろにも支部前の路上に停車。約2分後、検察事務官ら4人と一緒に現れた岡崎被告とみられる女が助手席に乗り込むと、前方に急発進し、制止しようとした事務官をはねた。

 岡崎被告の弁護人を務める西村拓憲弁護士は31日、産経新聞などの取材に応じ、「とにかく出てきてほしい。真実を話して、反省してほしい」と訴えた。

 被告は8歳の子供を無免許運転ではねてけがを負わせたとして、自動車運転処罰法違反罪などで公判中。3月に保釈されたが、初公判以降、2度にわたり公判に出廷しなかったため保釈が取り消され、10月30日に収容予定だった。西村弁護士は、収容は知らなかったというが「(被告は)被害者の子供さんに申し訳ないという気持ちを持っていた」と説明。「公判で反省を示してほしかった」と悔やんだ。

 大阪府の吉村洋文知事は31日、事件の公表まで大阪地検が5時間を要したことに関し「発生したらすぐに府民に情報を知らせるべきだ」と苦言を呈した。府庁で記者団の質問に答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ