PR

産経WEST 産経WEST

児相「4特別区」カバー 鶴見区に8年度設置

 大阪市は30日、市役所で戦略会議を開き、市内4カ所目となる児童相談所(児相)を鶴見区の市有地(約2300平方メートル)に設置することを決めた。児童虐待への対応を強化するためで、令和8年度の開設を予定している。

 大阪市の児相は現在、中央区(浪速区に移転予定)と平野区にあり、3年4月には東淀川区に3カ所目が開設される。

 市の児童虐待相談件数は、平成25年度の3193件から、30年度には6316件に倍増。虐待を受けた子供らを保護する児相併設の「一時保護所」の定員超過も常態化し、児相の増設が急務となっていた。

 4カ所目の建設予定地は鶴見区今津南の自動車部品工場跡地の市有地。この日の会議では、JR放出駅から徒歩5分という利便性や必要な床面積が確保できることから、最適な土地であると説明された。

 大阪市を廃止し特別区に再編する大阪都構想では、市を4特別区に分ける案が提示されており、4カ所目が現在の鶴見区内に置かれれば、全特別区に児相が設置されることになる。

 松井一郎市長は記者団に「特別区になってもならなくても、大阪市には4カ所の児相が必要だ」と強調した。

 会議ではこのほか、府市で港湾を一体的に運用するための新組織「大阪府市港湾局」(仮称)を共同設置することも決まった。来年10月の業務開始を目指し、開会中の府市両議会に関連議案を提出する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ