PR

産経WEST 産経WEST

パワハラで体調不良の奈良の市立小の4教諭が会見

教諭4人がいじめとパワハラを訴えている問題について、見解を述べる大和郡山市教委の八木謙治教育部長(左)と渋谷美奈学校教育課長=奈良県大和郡山市
教諭4人がいじめとパワハラを訴えている問題について、見解を述べる大和郡山市教委の八木謙治教育部長(左)と渋谷美奈学校教育課長=奈良県大和郡山市

 奈良県大和郡山市の市立郡山南小学校の教諭4人が同僚によるいじめとパワーハラスメントを訴え、9月の2学期始業式から休んでいる問題で、4人の教諭が30日、同県生駒市内で記者会見し、「いじめを見て見ぬふりする態勢を変え、安心して働ける環境にしてほしい」と訴えた。問題発覚後、4人が公の場で取材に応じたのは初めて。

 記者会見したのは、2、3年の学級担任を務める20~50代の男女4人。いずれも医師から「3~4カ月の休養が必要」と診断されている。

 4人は同僚による嫌がらせや威圧的な言動を繰り返し受けたと主張。20代の女性教諭は、50代女性教諭から「秘書」とあだ名をつけられて雑用を押しつけられたといい、30代の男性教諭は30代男性講師から臀部(でんぶ)を触られるセクハラを受けたなどと訴えた。

 20代女性教諭は今年7月、強いストレスに起因する心臓病を発症。4人は8月下旬、鍵本光弘校長に職場環境の改善を要求したが、学校と大和郡山市教育委員会は職員への聞き取りの結果、「いじめやパワハラは確認できなかった」と判断。4人は市外への異動と職場環境の改善を求め、県人事委員会に措置要求している。

 4人は「問題が解決すれば、また子供たちと一緒に過ごしたい」とし、「問題が起きたときに第三者に相談できる仕組みを作ってほしい」などと訴えた。

 会見を受け、同市教委の八木謙治教育部長と渋谷美奈学校教育課長が取材に応じ、50代教諭による「秘書」発言について、「本人からは『好意的な意味で言っており、雑用を強く押しつけてはいない』と聞いた」と説明。「県のパワハラの定義に照らしても、現時点で確認できている事実ではパワハラに当たらない」と、従来と同じ見解を改めて示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ