PR

産経WEST 産経WEST

名神玉突き事故 検察側、トラック運転手に禁固6年求刑 大津地裁

 滋賀県竜王町の名神高速道路で6月、居眠り運転の大型トラックが渋滞最後尾の乗用車に追突し、3人が死亡した玉突き事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた山形県酒田市旭新町のトラック運転手、池田竜也被告(33)の論告求刑公判が30日、大津地裁(斉藤隆広裁判官)であり、検察側は禁錮6年を求刑して結審した。判決は11月20日。

 検察側は論告で「被告は職業ドライバーで、仮眠や休憩の必要性を認識していた」と指摘。「眠気を感じていたにも関わらず、運転を継続したことは強い非難に値する」とした。

 弁護側は事実関係を認めた上で、「一貫して罪を認め、真摯に反省している」などとして量刑への配慮を求めた。

 この日の公判には、被害者参加制度を使って遺族4人が参加。「最大限の重さの刑を受けてほしい」などと厳罰を求めた。池田被告は意見陳述で、声を詰まらせながら「これからの人生をかけて償っていきたいと思う」と謝罪の言葉を述べ、遺族に向けて深々と頭を下げた。

 起訴状によると、池田被告は6月13日午後1時10分ごろ、竜王町内の名神高速道路上り線を時速80~85キロで運転中に居眠りをし、渋滞のために低速で走行していた乗用車に追突。弾みで前の中型トラックに衝突させ、乗用車に乗っていた20代の男女3人を死亡させたなどとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ