PR

産経WEST 産経WEST

横揺れ少ないグリーン車、防犯カメラ強化 新型新幹線N700S試乗会

東海道新幹線の新型車両「N700S」のグリーン車=30日午前
東海道新幹線の新型車両「N700S」のグリーン車=30日午前
その他の写真を見る(1/4枚)

 JR東海は30日、来年7月にデビューする東海道新幹線の新型「N700S」の試験車両を東京駅から愛知県の豊橋駅までの本線で走行させ、揺れを抑える装置を組み込むことで座り心地を良くしたグリーン車の座席など内部を公開した。

 N700Sはこれまでの東海道新幹線車両と同じ1編成16両で総座席数は1323。2020年東京五輪・パラリンピック開幕直前に最初の5編成が入る。五輪を控え、セキュリティー対策の強化に向けて車内の防犯カメラの台数が増設される。

 グリーン車の客席は、背もたれを後ろに倒すと座席が連動して深く沈み込み、身体を大きく倒すことができる。座席には車体の揺れを伝わりにくくする「フルアクティブ制振制御装置」が組み込まれ、横揺れを感じにくくして長時間乗っていても疲れにくい座り心地を実現した。

 肩越しに設けられた読書灯の照明範囲もより広くなったほか、車内に2つある扉の上に設置されている液晶ディスプレーの大きさが1・5倍に拡張した。

 普通車には、従来1箇所だった車いすで乗車できるスペースを2台並べる配置に変更。客席数を変えずに車いすで入れるスペースを確保するため、場所を取らずに転回できる仕組みを採用した座席を新たに開発、導入する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ