PR

産経WEST 産経WEST

大阪・池田市の人気動画 前市長目立ちすぎ? 宣伝看板を撤去

大阪府池田市役所前に設置されていた動画の巨大宣伝看板(上)と撤去後の光景。撤去後は土台のみが残されている
大阪府池田市役所前に設置されていた動画の巨大宣伝看板(上)と撤去後の光景。撤去後は土台のみが残されている

 大阪府池田市が今年4月の市制施行80周年を記念して制作し、複数の広告動画賞を受賞するなど話題を集めたPR動画関連の巨大看板やポスターが8月、一斉に撤去された。背景には、動画には制作当時の市長が主要キャラクターとして登場しているのに、4月の市長選で別の市長に代わったという事情がある。動画の公開は11月5日までだが、専門家は「価値のある動画なのだから、もっと積極的に活用すべきだ」と訴えている。(張英壽)

 巨大看板があった市役所前には現在、白い土台だけが残る。「看板には前市長の顔は描かれていなかった。市長が交代しても、今年度末までは残せると思っていたが…」。市の担当者はそう肩を落とす。

 PR動画の題名は「池田の大決闘 ひよこちゃんvsウォンバット」。同市発祥の日清チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」と市内の動物園で人気のウォンバットが巨大化し、「カップヌードルミュージアム 大阪池田」などの観光名所を次々と破壊。臨場感あふれる大阪弁と「入場無料!」などお得感をアピールするテロップで、同市の魅力をテンポ良く紹介していく。

 昨年11月6日に動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めると、すぐに人気に。市はこの人気を観光の呼び水にしようと同年12月、市役所玄関前に幅5・8メートル、高さ1・8メートルの巨大看板を設置した。さらに今年2月には、市内の名所3カ所にも別の宣伝看板を設け、市役所内にポスターを掲示したり、動画で取り上げた名所10カ所のガイドマップを作成したりした。

 動画の公開は声優との契約などで今年11月5日までで終了するが、市はその後もまちおこしのツールとして活用、PRやマップ配布を続けていく方針だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ