PR

産経WEST 産経WEST

和歌山市の自治会長詐欺、和歌山県発注工事も本格調査

 和歌山市の発注工事に絡み、自治会への協力金名目で落札業者から現金を詐取したとして、市芦原地区の連合自治会長、金井克(よし)諭(ゆ)暉(き)(本名・金正則)容疑者(63)が詐欺容疑で逮捕された事件を受け、和歌山県は25日、県発注工事でも不適切な事例がないか本格調査すると発表した。県庁で会見した高松諭・県土整備部長は「現時点で不法行為などは確認できていないが、早急に調査を進めたい」としている。

 県では事件発覚後、担当部署で同様の事例がないか聞き取りを実施。芦原地区で工事する際、職員が受注業者とともに金井容疑者を訪れていた事実が確認できたため、本格的に調査することにした。

 具体的には、芦原地区や地区周辺で平成28年度以降実施した工事について、担当した職員と受注業者に対し、不当な要求や金銭の授受などの有無を聞き取る。

 詐欺事件に絡み、和歌山市では、担当者が芦原地区の公共工事落札業者を金井容疑者と引き合わせり、金井容疑者が市内で無許可営業していたスナックでのパーティー券を市職員に販売させたりしていたとする情報が市側に寄せられているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ