PR

産経WEST 産経WEST

3000人が祝福「即位礼」に合わせパレード 姫路

日の丸やのぼりを手に天皇陛下のご即位を祝う人々=姫路市網干区
日の丸やのぼりを手に天皇陛下のご即位を祝う人々=姫路市網干区

 播州最大規模の氏子地域を擁する魚吹(うすき)八幡神社(兵庫県姫路市)の秋季例祭が21、22の両日開かれ、「ちょうちん練り」や勇壮な屋台練りなどが繰り広げられた。22日には「即位礼正殿の儀」に合わせて奉祝パレードも行われ、約3000人が練り歩いて天皇陛下のご即位を祝った。

 宵宮の21日は、時折雨が強まるあいにくの空模様となったが、締め込み姿の男たちは掛け声とともに勢いよく、ちょうちんを下げた竹ざおをぶつけ合う「ちょうちん練り」を披露。竹ざおやちょうちんの破片が飛び散ると、沿道を埋めた見物客からどよめきや拍手が起こった。

 好天に恵まれた22日の昼宮には、屋台18基の宮入りが行われた。だんじり上で芸能などが披露され、境内は前日に引き続いてにぎやかな雰囲気に包まれた。

 神社から約500メートル離れたお旅所では天皇陛下のご即位を祝う式典が営まれ、国歌斉唱や万歳三唱のあと、花火の合図でパレードが出発。氏子や市民ら約3千人が、日の丸の小旗を振ったりご即位を祝福するのぼりを掲げたりしながら神社までの道のりを練り歩いた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ