PR

産経WEST 産経WEST

捜査情報漏洩の巡査長を懲戒免職 京都府警 

 知人に逮捕予定日を漏らす見返りに現金200万円を受け取ったとして、京都府警は23日、東山署巡査長の池田大助被告(40)=地方公務員法違反罪で起訴=を懲戒免職処分にした。池田被告は収賄容疑で再逮捕されていたが、京都地検は同日、罪名を加重収賄罪に切り替えて起訴した。

 起訴状によると、今年3~4月、池田被告が会社社長の高橋俊行被告(49)=贈賄罪などで起訴=に、監禁強盗事件の逮捕予定日などの捜査情報を漏らす見返りとして、京都市内で2回にわたり、現金計200万円を受領。7月10日に、高橋被告に同日中に逮捕予定だと連絡したとしている。

 府警によると、池田被告は昨年11月に発生した傷害事件の捜査で高橋被告と知り合ったという。池田被告は200万円はパチスロなどに使ったと供述。「金の魅力に勝てなかった。心の甘さが原因で、信頼を失墜させたことを深くおわびしたい」と話しているという。他の事件での漏洩(ろうえい)は確認されていない。

 府警の姫野敦秀首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。職員の身上監督・業務管理の強化に努め、再発防止の徹底を図る」とコメントした。府警は東山署長ら上司6人についても本部長訓戒などの処分とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ