PR

産経WEST 産経WEST

大阪府立学校の教員訴訟 男性教諭を処分 知事「神戸の事案とは違う」

 大阪府立特別支援学校に勤務する女性教諭が同僚の男性教諭からいじめを受けたとして府に損害賠償を求めた訴訟に絡み、吉村洋文知事は17日、この男性教諭に「不適切な言動があった」として、懲戒には至らない訓戒の処分としたことを明らかにした。一方、神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題に触れ、「神戸の事案とは実態が違う」との見解を示し、府教育庁に対し週明けにも記者会見を開いて、詳細な事実関係を説明するよう要請した。府庁で記者団に答えた。

 女性教諭が起こした訴訟については、産経新聞が17日付で報じた。吉村知事は「神戸のような陰湿ないじめがあれば厳格に対応していくが、そうではない職場のトラブルもある」と指摘。そのうえで「大阪の教員全体の信用にかかわる問題であり、教育行政の信頼を守るためにも、事実関係をきちんと説明しなければならない」と強調。教育庁が会見を開いて、詳細をオープンにするよう求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ