PR

産経WEST 産経WEST

特別展「王権の地、桜井」 埋蔵文化財センターで

桜井茶臼山古墳出土の鉄製品=奈良県桜井市立埋蔵文化財センター
桜井茶臼山古墳出土の鉄製品=奈良県桜井市立埋蔵文化財センター

 大王墓とされる桜井茶臼山古墳など、奈良県桜井市内の古墳や遺跡で出土した遺物を集めた特別展「王権の地、桜井」が同市立埋蔵文化財センターで開かれている。12月8日まで。

 市文化財協会と橿原考古学研究所付属博物館との共同企画で264点を展示。桜井茶臼山古墳の出土品では、鉄製のつえ「鉄杖(てつじょう)」や鉄鏃、二重口縁壺(にじゅうこうえんつぼ)、三角縁神獣鏡の破片などが並ぶ。最古級の古墳とされ、普段は非公開となっているホケ山古墳の出土遺物も公開しており、画文帯(がもんたい)神獣鏡の破片や壺形土器を見ることができる。

 また、纒向遺跡の鍛冶関連遺物や脇本遺跡出土の土器、箸墓古墳の出土品も展示されている。

 期間中、桜井市立図書館で講演会が開かれる。11月4日は纒向遺跡の調査成果について寺沢薫・纒向学研究センター所長らが語り、同24日は脇本遺跡の調査成果について前園実知雄・奈良芸術短大教授らが講演する。

 聴講希望者は往復はがきに聴講希望日、住所、氏名、連絡先を記入し、〒633-0074 桜井市芝58-2 桜井市文化財協会に申し込む。問い合わせは同協会(0744・42・6005)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ