PR

産経WEST 産経WEST

【台風19号】交通ストップ、生活に影響 計画運休

台風19号の影響で東海道新幹線が東京-名古屋間で終日運休となり、表示が消えた電光掲示板=12日午前、JR東京駅
台風19号の影響で東海道新幹線が東京-名古屋間で終日運休となり、表示が消えた電光掲示板=12日午前、JR東京駅
その他の写真を見る(1/4枚)

 台風19号が接近した12日、首都圏を中心に鉄道各社が計画運休を実施し、関西でも交通機関がストップした。

 JR各社によると、東海道新幹線は東京-名古屋間は始発から終日運休。名古屋-新大阪間も早朝の上下計6本のみで、運転を取りやめた。山陽新幹線の新大阪-岡山間も午前中で運転を打ち切り。ほかの区間も本数を大幅に減らした。

 JR東日本が運行する首都圏在来線や各新幹線は、少なくとも13日昼ごろまで運休が続くとしている。線路に被害があった場合、長引く恐れがある。首都圏では私鉄の多くの路線が順次運転を取りやめる予定だ。

 関西の在来線でも、運休が相次いだ。JR西日本が関西線加茂-亀山▽草津線草津-柘植▽和歌山線王寺-五条▽桜井線奈良-高田▽北陸線近江塩津-敦賀▽湖西線和邇-近江塩津-の6区間で午前中発の列車を最後に運転を打ち切ったほか、大阪や京都と北陸方面を結ぶ「サンダーバード」などの特急列車の運行をとりやめ。南海電鉄も、大阪市内と関西空港を結ぶ特急列車「ラピート」について午前中の列車を最後に運転を見合わせたほか、和歌山県を走る高野山ケーブルカーで、倒木のため始発から運転を見合わせた。

 空の便では、関西国際空港を発着する国内便と国際便双方で欠航が続いた。全日空は13日も羽田空港を発着する国内線が一部を除き欠航することを決めた。

 また、近畿の高速道路では、関空連絡橋が通行止めとなったほか、台風の進路によっては今後他の路線も通行止めとなる可能性がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ