PR

産経WEST 産経WEST

世界最高齢99歳ビューティーアドバイザーがギネス認定

世界最高齢のビューティーアドバイザーとしてギネスに認定された福原さん=10月1日、広島市東区
世界最高齢のビューティーアドバイザーとしてギネスに認定された福原さん=10月1日、広島市東区

 百貨店の化粧品売り場などでメークを実演し、化粧品を販売する仕事「ビューティーアドバイザー」。99歳で現役ビューティーアドバイザーが広島市にいる。化粧品大手「ポーラ」鯉城(りじょう)ショップ(広島市中区)のビューティーディレクター、福原キクヱさん。約60年にわたって活躍し、現在も35人の顧客を抱え、月間30万円を売り上げている。このほど「世界最高齢のビューティーアドバイザー」としてギネス世界記録に認定され、「天にものぼるような気持ち。死ぬまで頑張りたい」と生涯現役に意欲を見せた。

広島で被爆も

 10月1日、広島市内で行われたギネス記録の認定式。福原さんに認定書が授与されると、会場内から拍手が湧き起こった。認定された記録は「99歳171日」。「山あり谷ありだったが、ここまで無事にできたのはお客さまに支えられてきたおかげ。ギネスにも認定されて夢のようです」と笑顔の福原さん。「女性としての身だしなみです」と、ポーラ化粧品でばっちりとメークを決めていた。

 福原さんは大正9年生まれ。18歳のときに上京して美容専門学校に入学。25歳まで東京の百貨店で美容関係の仕事をしていた。その後地元の広島に戻っていたが、昭和20年8月6日、広島に原爆が投下され、福原さんもJR横川駅(広島市西区)付近で被爆。地獄絵図の中を逃げ回ったという。

 戦後に結婚し、4人の子供を出産。そのころの福原さんは、化粧水を塗ると肌にブツブツができるのに悩んでいた。そのときに出会ったのがポーラの女性販売員。勧められるまま試してみると、肌の問題が解決した。35年、自分の担当だったポーラの女性販売員が転勤することになり、「代わりに販売員をやってほしい」と頼まれたことから、ビューティーアドバイザーになった。

(次ページ)売り上げ、なんと●億円! その秘密とは…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ