PR

産経WEST 産経WEST

英国の「救国の英雄」スピットファイア戦闘機が名古屋に飛来 特別14日まで公開

愛知県営名古屋空港に着陸するスピットファイア =10日午後(岡田敏彦撮影)
愛知県営名古屋空港に着陸するスピットファイア =10日午後(岡田敏彦撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 英国の歴史を変え「救国の英雄」とも言われる第二次大戦時の戦闘機「 Spitfire (スピットファイア)」が10日、愛知県営名古屋空港に飛来した。世界一周冒険飛行の途中に立ち寄ったもので、12~14日には一般公開が予定されている。(岡田敏彦)

「英国を救った」歴史的名機が来日

 スピットファイアは英国スーパーマリン社の開発した単座(一人乗り)の戦闘機。美しい楕円(だえん)翼を持ち、旋回性能と格闘戦を重視した設計が特徴で、第二次大戦を通して改良を続けながら第一線機として戦闘に投入された。

 なかでも1940年7月から始まった「英国上空の戦い」(バトル・オブ・ブリテン)では、ライバルのメッサーシュミットBf109と互角以上の戦いを繰り広げ、英国では「救国の英雄」として、また「自由主義の守護の象徴」として高く評価されている。数々の映画やドラマにも登場する傑作機だ。

 来日したスピットファイアはMk9型で、ノルマンディー上陸作戦(D-Day)前後に活躍した改良型。今年はそのD-Dayから75年目となる。来日した当該の機体はD-Day前年の1943年秋に製造され、英国空軍所属機として爆撃機の援護などを実施。終戦後はオランダ空軍を経て博物館で展示されていたが、世界一周飛行計画にあわせ徹底的な修復を行い、飛行可能状態によみがえった。

 今回の世界一周飛行は、スイスの高級時計ブランドIWCがメーンスポンサーとなり、英国政府も後援しており、「The Longest Flight」と名付けられている。当該機は軍務から解き放たれ民間機として世界各国を“親善訪問”しながら世界一周するのが目的。

(次ページ)日本の名機「ゼロ戦」と比べると…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ