PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】ブルースハーモニカ日本一…全盲で車いす、奇跡のミュージシャン 山下純一さん(44)

ワークショップで豪快な演奏を披露する山下純一さん。右手の甲にハーモニカを乗せ左手と口で音を包む独特の奏法だ =京都市中京区のライブハウス「モダンタイムス」(永田直也撮影)
ワークショップで豪快な演奏を披露する山下純一さん。右手の甲にハーモニカを乗せ左手と口で音を包む独特の奏法だ =京都市中京区のライブハウス「モダンタイムス」(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/7枚)

 原因不明の難病で自力で歩けなくなったのは小学生の時だ。大学休学中に完全に視力を失い、手首や指は脱臼して今も曲がったまま。そんな幾重の試練をも力に変え、ハーモニカコンテストのブルース部門に健常者と同じ条件で出場し、日本一になった“奇跡”のミュージシャンが京都にいる。「この体はいつか壊れていく?だからこそ今を生きるだけ」「まだまだやれる」-。豪快な演奏と、ほどよく枯れた力強い歌声が聴く者を勇気づける。(聞き手 京都総局長・山口敦)

■ベッドの上でエイトビート 音楽で世界とつながる

 「あきらめへんかったら道はあるんやなって。今でもびっくりしています」。40代になって初めて出場したブルースハーモニカコンテストで日本一を獲得したが、その裏には凡人の想像を超える試行錯誤があった。

 ハーモニカを安定して支えるため、脱臼し内側に曲がっている手首を、さらに湾曲させる方向に自分で変形させてみた。病気を治すための一般的なリハビリとは逆方向だが、演奏にはよかった。これで右手の甲に乗せたハーモニカを、左手と口で包み込めるようになり、初めて納得できるブルースのサウンドを出せるようになったという。それが、日本最大のハーモニカコンテストに出場するきっかけになった。「おっさんになってきたらクオリティーを上げていくしかない。そこは障害者とかじゃなくて、純粋にいい音楽、いい音、いいテクニック。今、必死こいてプレーに磨きをかけてます」。そのひょうひょうとした明るい声はよく通る。

 発病がわかったのは2歳の時だった。よくぐずる、ちょっとからだを持ったら痛がる、まず親が異常に気づいた。医療機関では若年性の関節リューマチと診断されたが原因はわからず、有効な治療法も見つからなかった。視力が弱いことには、小学1年の時に自分で気がついた。「親戚(しんせき)の子と父親の車の後部座席に乗っていた時に、後続車を運転していたお坊さんが手を振ったらしいんです。『あっ坊主や』と親戚の子は言ったんですけど、僕には見えなかった」

原因不明の難病のため歩くことが難しくなり、治療が続いた小学生時代の山下純一さん(本人提供)
原因不明の難病のため歩くことが難しくなり、治療が続いた小学生時代の山下純一さん(本人提供)
その他の写真を見る(2/7枚)

 小学3年の時には一時歩けるまで回復し、地元の公立小に通った時期もあった。しかし痛みがひどくなり、4年になると再び歩行困難に。程なく週1回しか家に帰れない入院生活に戻り、そこから車いすで養護学校に通う日々が続いた。音楽を意識し始めたのは、その入院先のベッドの上だった。ラジカセに合わせ孫の手でベッドをたたいていると、女性看護師だったかが「それエイトビートやね」と声をかけてくれた。中学3年の時だった。

(次ページ)猛勉強も視覚障害ある学生は自分だけ…でも、ドラムの凄さで

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ