PR

産経WEST 産経WEST

神戸山口組系組員を銃撃、2人死亡 対立組織の68歳男を逮捕 抗争事件か

 しかし、活動資金の「上納」を強く求める弘道会主導の組運営に反発した勢力が27年8月、山口組を離脱し神戸山口組を結成。服役中に起きた分裂騒動だったが、高山受刑者は物心ともに弘道会に強い影響力を保持し続けた。

 分裂から1年半以上が過ぎた29年4月には、神戸山口組を離れた勢力が現在の任侠山口組を組織し、山口組を名乗る組織による3つどもえの対立抗争に発展した。

 山口組の構成員数は約4400人(昨年末時点)で国内最大の勢力を持つ。依然として神戸山口組の約1700人(同)、任侠山口組の約400人(同)を圧倒しており、高山受刑者の出所を控え、「神戸山口組と任侠山口組の構成員の中には、山口組復帰を考えている者もいる」(暴力団関係者)という。

 各組織内の動揺は今後さらに拡大するとみられ、市民生活の安全も予断を許さない状況が続く。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ