PR

産経WEST 産経WEST

介護の女性に睡眠導入剤、障害者の男立件へ 大阪府警

 女性が男からすすめられた飲料を飲んでいたため、府警は男が飲料に睡眠導入剤を入れたとみて捜査。その結果、昨年10月以降、事故を起こした女性を含め同じ事業者から派遣された複数の女性が、意識混濁状態に陥ったり強い吐き気を催したりしていたことが判明した。ほかに、男の知人で同様の被害にあった女性もいるという。

 府警のこれまでの調べに男は、女性らに睡眠導入剤入りの飲料を飲ませたことを認め、「わいせつ目的だった」と供述。府警は男の障害の程度も考慮し、任意で捜査を続け、犯行の詳しい状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ