PR

産経WEST 産経WEST

【通崎好みつれづれ】うれしいメッセージ

 私の名前が組み込まれているではないか。さっそく当欄で紹介したいと思い、ご本人に連絡をとってみたところ、快諾してくださった。京都府長岡京市在住の藤井章雄さん(69)。尋ねてみれば、元日本経済新聞の記者さん。趣味で、チェロと声楽をたしなんでおられ、オペラにも出演したことがあるそうだ。

 お客さま一人一人とお話しする機会はないが、改めて、いろんな背景をもった方が足を運んでくださっているんだなと実感する。舞台から見える客席の様子が立体的に浮かび上がってきた。(通崎睦美 木琴奏者)

 つうざき・むつみ 昭和42年、京都市生まれ。京都市立芸術大学大学院修了。マリンバとさまざまな楽器、オーケストラとの共演など多様な形態で演奏活動を行う一方、米国でも活躍した木琴奏者、平岡養一との縁をきっかけに木琴の復権に力を注いでいる。執筆活動も手掛け、『木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」』で第36回サントリー学芸賞(社会・風俗部門)と第24回吉田秀和賞をダブル受賞。アンティーク着物コレクターとしても知られる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ