PR

産経WEST 産経WEST

島津製作所の田中耕一さん「私の経緯と重なる」 ノーベル化学賞の吉野氏に

2002年10月、ノーベル化学賞受賞決定につながった、タンパク質の質量分析装置を説明する田中耕一さん=京都市中京区の島津製作所
2002年10月、ノーベル化学賞受賞決定につながった、タンパク質の質量分析装置を説明する田中耕一さん=京都市中京区の島津製作所

 2002年にノーベル化学賞を受賞した島津製作所(京都市中京区)のシニアフェロー、田中耕一さん(60)は旭化成の名誉フェロー、吉野彰さんのノーベル化学賞受賞決定について、「おめでとうございます。現在も企業の研究者・技術者である私としては、ことのほかうれしく思います」とコメントした。

 田中さんは「『産』である企業で基礎研究を行い、『学』の方々が応用を考えた。これまで日本で常識と思われている役割分担とは逆転している」と自らの研究を振り返り、「私の経緯と重なる部分が多い」と吉野さんの偉業をたたえた。

 受賞の対象となったリチウムイオン電池の発明については、島津製作所でも開発や解析にさまざまな分析機器を用いて協力をしてきたとしたうえで、「今回の受賞を極めて良い機会として、さらに日本の科学技術に貢献してまいりたいと思います」とコメントした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ