PR

産経WEST 産経WEST

大麻所持と窃盗容疑の元巡査に猶予判決 京都地裁

 実家で大麻を所持したほか、警察学校で同期の腕時計などを盗んだとして、大麻取締法違反罪や窃盗罪に問われた元京都府警警察学校初任科生の巡査、梅北亘被告(23)=懲戒免職=の判決公判が9日、京都地裁で開かれ、片多康裁判官は懲役2年、執行猶予3年、大麻草2袋没収(求刑懲役2年、大麻草2袋没収)を言い渡した。

 片多裁判官は判決理由で、「自ら進んで大麻を入手し、窃盗の犯行も短期間に重ねており悪質。法の順守を求められる警察官でもあり、厳しい批判を免れない」と指摘した。

 梅北被告は2014年の柔道世界ジュニア選手権の優勝者。判決によると、7月5日、大阪府守口市の実家で大麻草を所持し、5~6月には警察学校で、同期の男性巡査らの腕時計や音楽プレーヤーなど計3点を盗んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ