PR

産経WEST 産経WEST

【田所龍一のゴルフ観戦記】石川遼復活の鍵握る「ゴルフノート」の変化

 試合はトップの武藤俊憲が最終日、8バーディー、1ボギーと独走の通算21アンダーで優勝。3打差を追いかけてスタートした石川も6バーディー、1ボギーの通算16アンダーと健闘したが、及ばず3位に終わった。

 「ゾーンに入った武藤さんは止められないですね。ボクも今日は決して悪いゴルフじゃなかった。問題は今日ではなく、72をたたいた初日です。でも、悪いゴルフじゃなかった-で終わってはいけない。きのうはベタピンが6つもあったのに、なぜ、今日は4つに減ったのか。なぜ、パットがもうひと転がりしなかったのか…と、考えれば課題は山ほどありますよ」

 そうふり返る石川の顔はどこか楽しそう。それは、もう一度大きな目標を見つけた男の顔だった。     (田所龍一)

=随時掲載

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ